パーソナルトレーニング お役立ちコラム

フィットネスシューズの選び方

スポーツジムでトレーニングをする時に欠かせないのが、フィットネスシューズです。
自分の足に合ったシューズを選べれば、怪我のリスクも減りますし、筋トレの効率も上げることができます。
「サイズがあっていればいい」とサイズにだけ気を取られがちですが、今回は、トレーニングに最適なフィットネスシューズの選び方をご紹介いたします。

フィットネスシューズの選び方

特定のトレーニングに特化したシューズ

フィットネスシューズには、特定のトレーニングに特化したシューズも存在しますので、ジムに行く目的がはっきりしている場合には、その目的に特化したシューズを選ぶのがおすすめです。
例えばマシントレーニングやウエイトトレーニングをメインにしたいのなら、身体が安定しやすく、シューズ自体の耐久度も高いトレーニングシューズを選ぶようにしましょう。有酸素運動がメインなら軽量でクッション性の高いランニングシューズを選ぶことで、有酸素運動で高負担になりやすい腰や膝の負担を、ある程度軽減することができます。

幅広い運動をしたいという方は、その都度合うシューズを用意したり、それが金銭的に難しい場合は、様々な運動に対応した万能タイプのフィットネスシューズを選ぶようにしましょう。

初心者は万能タイプでもOK

初心者の方は、難しいことは考えすぎず、最初はどんな運動にも向いている万能タイプを用意しておくのもおすすめです。
ジムに通っているうちに気に入った運動があればそれに特化したシューズを、新しい目的ができたらそれに特化したシューズを用意していくというようにすれば、無駄なくシューズを揃えていけます。

自分のやる気がアップするシューズを選ぼう

意外に大切なのが、自分がこのシューズを履いてテンションが上がるかということです。
どんなに良いシューズでも、好みのデザインや形じゃないと、楽しく運動できません。機能性も大切ですが、自分好みのシューズを見つけるというのも、楽しく運動を続けるために大切な要素です。

クッション性やシューズの幅にも注目!

運動は足腰に負担のかかるものも多くあります。先ほど少し触れたように、クッション性の高いシューズはこうした負担が軽減されますので、実際に履いてみてクッション性が高いシューズを選ぶようにしましょう!

また、シューズの幅は同じサイズ表記でも、メーカーによって異なります。
自分の足に合わない幅のシューズの場合、それだけで安定性に欠けてしまうので、実際に試着して足の幅に合っているかを確認しましょう。

関連記事

  1. チートデイのメリットと注意点
  2. パーソナルトレーナーのための資格
  3. 夏に向けてのダイエット。いつから始める?
  4. パーソナルトレーニング期間中のおやつの食べ方
  5. 産後ダイエットにはパーソナルトレーニングがおすすめ!
  6. ダイエット中の夜食におすすめのメニュー
  7. パーソナルトレーニングを楽しく続けるコツ
  8. 運動が苦手でも筋トレ、パーソナルトレーニングを長く続けるために

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

筋トレに使われる道具とその特徴

パーソナルトレーニングジムやフィットネスクラブに行くと、筋トレに使われる道具を多く見ることができると…

尼崎市でおすすめのパーソナルトレーニングジム比較3選【2019年版】

尼崎市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「尼崎市で安いパーソナルトレ…

寒さに負けず冬の筋トレを続けるポイント

冬はトレーニングに最適な時期というのは何度かご紹介していますが、冬場の寒さに負けてしまい続けるのが辛…

コラム最新記事

PAGE TOP