パーソナルトレーニング お役立ちコラム

フィットネスシューズの選び方

スポーツジムでトレーニングをする時に欠かせないのが、フィットネスシューズです。
自分の足に合ったシューズを選べれば、怪我のリスクも減りますし、筋トレの効率も上げることができます。
「サイズがあっていればいい」とサイズにだけ気を取られがちですが、今回は、トレーニングに最適なフィットネスシューズの選び方をご紹介いたします。

フィットネスシューズの選び方

特定のトレーニングに特化したシューズ

フィットネスシューズには、特定のトレーニングに特化したシューズも存在しますので、ジムに行く目的がはっきりしている場合には、その目的に特化したシューズを選ぶのがおすすめです。
例えばマシントレーニングやウエイトトレーニングをメインにしたいのなら、身体が安定しやすく、シューズ自体の耐久度も高いトレーニングシューズを選ぶようにしましょう。有酸素運動がメインなら軽量でクッション性の高いランニングシューズを選ぶことで、有酸素運動で高負担になりやすい腰や膝の負担を、ある程度軽減することができます。

幅広い運動をしたいという方は、その都度合うシューズを用意したり、それが金銭的に難しい場合は、様々な運動に対応した万能タイプのフィットネスシューズを選ぶようにしましょう。

初心者は万能タイプでもOK

初心者の方は、難しいことは考えすぎず、最初はどんな運動にも向いている万能タイプを用意しておくのもおすすめです。
ジムに通っているうちに気に入った運動があればそれに特化したシューズを、新しい目的ができたらそれに特化したシューズを用意していくというようにすれば、無駄なくシューズを揃えていけます。

自分のやる気がアップするシューズを選ぼう

意外に大切なのが、自分がこのシューズを履いてテンションが上がるかということです。
どんなに良いシューズでも、好みのデザインや形じゃないと、楽しく運動できません。機能性も大切ですが、自分好みのシューズを見つけるというのも、楽しく運動を続けるために大切な要素です。

クッション性やシューズの幅にも注目!

運動は足腰に負担のかかるものも多くあります。先ほど少し触れたように、クッション性の高いシューズはこうした負担が軽減されますので、実際に履いてみてクッション性が高いシューズを選ぶようにしましょう!

また、シューズの幅は同じサイズ表記でも、メーカーによって異なります。
自分の足に合わない幅のシューズの場合、それだけで安定性に欠けてしまうので、実際に試着して足の幅に合っているかを確認しましょう。

関連記事

  1. 姿勢改善にはパーソナルトレーニングがおすすめ!
  2. 秋のトレーニングで注意したいこと
  3. 家でもできる!有酸素運動とは?
  4. 自宅でトレーニングするときに気をつけたいこと
  5. チートデイのメリットと注意点
  6. トレーニングのやり過ぎに注意!「オーバートレーニング症候群」とは…
  7. ボディメイクに必須!高タンパク質&低カロリーな食材まとめ
  8. 大手パーソナルトレーニングジム徹底比較!おすすめランキング【20…

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

セミパーソナルトレーニングって何?

最近パーソナルトレーニングと並んで注目を浴びているのが「セミパーソナルトレーニング」です。パ…

松本市でおすすめのパーソナルトレーニング比較【2019年版】

松本市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「松本市で安いパーソナルトレ…

港区でおすすめのパーソナルトレーニングジム【2018年版】

港区おすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!港区のパーソナルトレーニングジムは、オ…

コラム最新記事

PAGE TOP