パーソナルトレーニング お役立ちコラム

パーソナルトレーニングジム利用時に用意するもの

パーソナルトレーニングジムでは、様々なトレーニングを行なえます。
一般的なスポーツジムでは行なえないようなトレーニングまで用意されているので、何か特別なものを用意しなければならないのでは?と悩む方もおおいようです。

そこで、今回はパーソナルトレーニングジムを利用する時に用意しておきたいものをご紹介いたします。

服装はどういったものを用意する?


パーソナルトレーニングジムで用意したい服装をまとめてみました!
基本的に動きやすい服装ならなんでも構いませんが、やはりトレーニングに適した服装だと動きやすさも断然違うのでしっかり用意するようにしましょう。

トレーニングウェア

トレーニングにうってつけの服装がトレーニングウェアです。
最近ではオシャレなものや様々な機能を兼ね備えたトレーニングウェアが売られていますが、おすすめなのが伸縮性のある半袖のウェアです。

半袖だと自分の身体のラインがハッキリと見えるので、どこに筋肉がついたかも分かり易く、トレーナーもそれを見て次にどんなトレーニングを行なうかの判断がすぐに下せます。
冬だとどうしても長袖のウェアを着用したくなりますが、ジム内の室温は寒くないように調整されていますし、トレーニングをしていると暑くなってくるので、できるだけ冬でも半袖がおすすめです。
どうしても寒さが気になる方は軽く羽織るジャケットも用意しておいて、トレーニング中に暑くなってきたら脱ぐようにしてもいいでしょう。

また、トレーニングウェアは最低2着程度揃えておくといいでしょう。
パーソナルトレーニングは短期間で集中的に行なうことが多いので、1着だと洗濯が間に合わなかったということもあり得ます。

素材についてですが、これはポリエステル素材がとてもおすすめです!
他の素材の場合、トレーニングの内容によっては身体が動かしにくくなってしまうことがありますが、ポリエステル素材なら伸縮性がとても高いので、どんなトレーニングにも適しています。
さらにポリエステル素材は乾きやすいという特徴も兼ね備えていますから、トレーニング中に汗をかいてしまってもすぐに乾き、身体を冷やしてしまうこともありません。

下着

特に女性はスポーツブラを用意しておきましょう。スポーツブラをしないで運動をしてしまうと、運動によって美しい胸の形を維持するクーパー靱帯と呼ばれる靱帯が傷ついてしまい、垂れた胸になってしまう可能性があります。

また、男女問わず、替えの下着の用意は必須です。
トレーニング後の下着は汗でビショビショになってしまうので、替えの下着が無いとトレーニング後に不快な気持ちで帰宅しなければなりません。

スニーカー

スニーカーはレンタルしているジムもありますが、使っていくうちに自分の足に馴染ませたスニーカーが一番安全で使いやすくなる為、自分で用意することをおすすめします。

スポーツ用のスニーカーも多くの種類があるので悩んでしまいがちです。
ランニングシューズはオシャレなデザインもあるので選んでしまいたい気持ちもあると思いますが、パーソナルトレーニングにはウェイトトレーニング用のシューズかフィットネス用のシューズを選ぶようにしましょう。

ランニングシューズは名前からも想像できる通り、ランニング用に最適な作りをしています。
ランニングを安全に行なう構造になっているので底の部分が柔らかく設計されているのですが、パーソナルトレーニングを行なう際は底が固く安定感のあるシューズが最適です。

そしてその底が固くて安定感のある設計になっているのが、ウェイトトレーニング用、フィットネス用のシューズとなります。

揃えておきたいもの


トレーニングウェアやシューズほどではないですが、ジムの内容やサービスによって揃えておきたいものもいくつかあります。
ここでご紹介するものはジムで借りられる場合もあるので、事前に確認しておいて自分でレンタルで良いと感じたものは揃えなくても大丈夫です。

水筒

気軽に水分補給ができる水筒は持っていって損がありません。
ジムによっては有料でミネラルウォーターが売っていたり、無料で使えるウォーターサーバーを用意しているところもあります。

タオルセット

トレーニング中の汗を拭き取るのに用意しておいた方がいいアイテムです。
レンタルしているジムも多いですが、自分で用意するのならバスタオルとフェイスタオル1枚ずつあると便利ですよ。
特に吸水性の高いタオルは速乾性にも優れていることが多いため、とてもおすすめです。

プロテイン&プロテインシェイカー

自宅からジムまで1時間以上の距離がある場合は、プロテインとプロテインシェイカーを持参し、トレーニングが終わったらその場で飲むようにするといいでしょう。
トレーニングが終わってからプロテインを飲むまでに1時間以上空いてしまうと、プロテイン本来の効果が低くなってしまいます。
プロテインの多くは作り置き非推奨なので、作っておいたプロテインを持っていくのではなく、その場でサッと作って飲むことをおすすめします。

まとめ

パーソナルトレーニングジムも基本的に一般的なジムと必要なものは変わりませんが、パーソナルトレーニングを意識した道具選びが重要です。
細かく必要になってくるものはトレーナーがちゃんと説明してくれるので、とりあえず今回ご紹介したものを最初に揃えておけば、後は悩むことも無くなると思います。

最近は健康ブームで見た目もおしゃれなトレーニンググッズが多く出ていますから、そういうのを揃えてトレーニングのモチベーションを上げて、楽しくトレーニングを行ないましょう!

関連記事

  1. トレーニングを始めるのにベストな時期
  2. 女性は気になる!トレーニング時のメイク事情
  3. リバウンドの種類・対策
  4. パーソナルトレーニングを始めるのに年齢は関係ある?
  5. 【安い順】東京で安いおすすめパーソナルトレーニングジム【2019…
  6. プロテインを初めて取り入れる時のポイント
  7. パーソナルトレーニングジムの契約による支払いタイプの違い
  8. パーソナルトレーニングと一般的なジムの違い

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

停滞期を乗り切る方法

ダイエットをしている時の1番の壁とも言えるのが「停滞期」です。パーソナルトレーニングでダイエット…

渋谷区でおすすめのパーソナルトレーニングジム比較【2019年版】

渋谷区でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「渋谷で安いパーソナルトレー…

低負担でも効果大!スロートレーニングの方法と効果

高齢者でも比較的怪我のリスクを減らして筋トレができることで知っておきたいのが、スロートレーニングと呼…

コラム最新記事

PAGE TOP