パーソナルトレーニング お役立ちコラム

パーソナルトレーナーのための資格

パーソナルトレーナーには、豊富な知識と経験が求められますが、実はパーソナルトレーナーになるだけなら、特別な資格等は必要ありません。
極端な話だと「今日からパーソナルトレーナーになる」と言ってしまえば、もうその時からパーソナルトレーナーと名乗ってしまえるのです。(ただし、民間のジムで働く場合は資格を求められることが多いです)

ただ、もちろん何の経験もなければ指導は難しいですし、経歴や資格がないと利用を考えている人からも信頼してもらえません。
そうしたことから、実際にパーソナルトレーナーを名乗っている人は、様々な資格を有しています。

今回はこれからパーソナルトレーナーになろうか考えている人から、資格も見てパーソナルトレーナーを選ぶ参考にしたいという方に向けて、パーソナルトレーナーの資格にはどのようなものがあるかをご紹介いたします。

NSCA-CPT(NSCA 認定パーソナルトレーナー)


NSCA-CPT(NSCA 認定パーソナルトレーナー)とは、パーソナルトレーナーとして活躍したいのなら必ず持っておきたい世界的な資格の一つです。
指導者として個別のニーズにマッチした指導全般を行うことに対して、非常に優れたと認められた人のみが認定されます。
トレーニングの知識はもちろん、医学や運動生理学、指導の知識全てが求められるため、これを保有しているだけでも高い信頼を得ることができます。

資格の難易度自体は未経験者でもしっかり勉強をすれば取れるようになっているので、そこまで高いわけではないです。(合格率約65%)
しかし、資格を取って終わりではないのもNSCA-CPTの大きな特徴で、この資格を保有し続けるためには、定期的に開催されるセミナーなどへの参加が必須となります。

NESTA-PFT(NESTA 認定パーソナルフィットネストレーナー)


NSCA-CPTと同じくらい有名な資格が『NESTA-PFT』です。こちらもNSCA-CPTと同様にクライアントのニーズに答えるための総合的な知識を学ぶことが出来ます。
ただし、難易度・応募条件の厳しさはこちらの方が上になります。「1年以上パーソナルトレーナーや運動指導がある」、「体育系や医療系の大学・専門学校のいずれかを卒業している」などのいくつかの条件から該当するものがないと、受験資格が得られませんので、完全な未経験者が受験するというのはかなり難しいと思います。

しかし、パーソナルトレーナーの中ではメジャーな資格の一つですので、パーソナルトレーナーとして活躍したいのなら、ぜひ持っておきたい資格の一つです。

他にも持っておきたい資格

栄養士

パーソナルトレーナーの求人では、栄養士の資格を持っている人が優遇される傾向が強いです。
パーソナルトレーニングで結果を出すためには、運動だけでなく食事指導も重要なポイントです。そこで栄養学の資格とトレーナーとしての指導技術があるパーソナルトレーナーは、食事指導の知識もあると判断され、優遇されます。
もし栄養学の知識がないと、そのジムでは一から栄養学をトレーナーに学ばさなければならないため、そのコストや時間が節約できるというわけですね。

関連記事

  1. 低負担でも効果大!スロートレーニングの方法と効果
  2. 姿勢改善にはパーソナルトレーニングがおすすめ!
  3. パーソナルトレーニングジムの解約トラブル
  4. 年代別!女性のダイエットで抑えておきたいポイント
  5. ジム通いを趣味にしよう!ジム通いのメリットとは?
  6. モニター会員でパーソナルトレーニングを受ける際に知っておきたいこ…
  7. 筋力トレーニングの種類
  8. パーソナルトレーニングで手に入れた体型を維持するポイント

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

尼崎市でおすすめのパーソナルトレーニングジム比較3選【2019年版】

尼崎市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「尼崎市で安いパーソナルトレ…

越谷市でおすすめのパーソナルトレーニングジム比較5選【2020年版】

ダイエットだけでなく、健康的な体作りにもパーソナルトレーニングは注目されており、自分もやってみたいと…

パーソナルトレーニングでダイエット!どれくらいで効果が出る?いつまで通うべき?

パーソナルトレーニングで行うダイエットはどのくらいで効果を実感できるのか、そしていつまでジムに通った…

コラム最新記事

PAGE TOP