パーソナルトレーニング お役立ちコラム

トレーニングに挫けそうになったら

トレーニングに慣れ始めてくると、「なんだか今日はトレーニングするの面倒くさいな」と感じるようになってくる方は少なくありません。
しかし、ここで一度サボってしまうとサボリ癖がついてしまい、トレーニングの出来ない日が増えてきてしまいます。
トレーニングをやめてしまうとせっかく今まで頑張ってきたことも無かったことになってしまうので、非常にもったいないです。

今回はトレーニングに挫けそうになった時、どう切り抜けていけば良いかご紹介いたします。

ジムに行きたくない時はどうする?


ジムに行きたくないと億劫に感じてしまうことはどんなにトレーニングが好きな方でもありえることです。
普段はトレーニングしたくてたまらないのに、ふとした時に「今日はなんだか気分じゃないなぁ」と思うのは、実はプロのトレーナーも同じなんです。
ジムに行きたくないと思うことを恥ずかしいことと考えてしまう方もいるのですが、決してそんなことはないので安心してくださいね!
では、実際ジムに行きたくないと思ったらどうすればいいのでしょうか?

ジムに行きたくない理由を考える

毎日忙しい生活を送っている人ほど、「今日はトレーニングの気分じゃない」と唐突に気分が乗らなくなることがあります。
その理由は様々です。まずは、どうして自分がそういう気持ちになっているのかを考えてみましょう。

仕事で嫌なことがあった、疲れがたまっている、何となく、体調が悪い…というように、気分が乗らない理由というのは必ずあります。
体調が悪い場合は無理をすると悪化してしまう可能性もあるので、素直にトレーニングはお休みしましょう。

トレーナーに相談

気分的な問題でジムに行きたくないと思っているなら、トレーニングするかどうかはともかく、とにかくジムまで足を運んでみてください。
パーソナルトレーニングなら一緒に頑張っているトレーナーがいると思いますので、トレーナーにモチベーションが下がり気味なことを相談してみてください。
本当に利用者のことを考えてくれるトレーナーなら、利用者のモチベーション上がるように説得してくれたり、トレーニングメニューを見直してくれたりします。

いつも頑張ってトレーニングを見てくれているトレーナーにそういったことを相談するのは気が引けることだと思いますが、モチベが下がったままダラダラトレーニングを行なっても成果がでません。
また、トレーナーは何も言われなくても、トレーニングの様子を見てやる気が下がっていることに薄々気付いていますから、時には思い切って相談してしまうのも大切なのです。

モチベーションを取り戻す方法


一時的なモチベーションの低下ならいいですが、長期にわたって気分が乗らないこともあると思います。
そんな時は自分の力で気持ちをトレーニングに向かわせていかなければなりません。

トレーニングをしなかったら、したらを考える

筋肉は使えば成長しますし、使わなければ退化していってしまいます。
もしトレーニングを止めてしまったら、今手に入れられた体型もトレーニング前に戻ってしまうのです。
逆にトレーニングを続けていれば目標体型も手に入れられて、自分に自信を持つことが出来ます。
もし、既に目標体型にはなっていてモチベーションが上がらないというのなら、更に新しい目標を見つけて突き進むようにしましょう!

何も考えないでトレーニング

「気分じゃないなぁ」と思っていても、いざトレーニングを始めるといつものように気分が乗り始めるということは珍しくありません。
あれこれ考えて止まってしまうのではなく、とにかく何も考えずに動いてみましょう!
気分が乗らないときは逆に気を負わずにトレーニングができるので、いつもより上手くいくことも多く、いざトレーニングが終わると気分もスッキリできてしまうのです。

身体を動かすこと自体がストレス発散に繋がるので、とにかく難しいことは考えずにトレーニングしちゃうのが手っ取り早かったりします。
(もちろん体調が悪いときは素直に休みましょう!)

トレーニング用品を新調する

トレーニングウェアやプロテインボトルなどトレーニング時に使う物を新調してみるのもひとつの方法です。
こうした新しいものは気分転換に最適ですし、新しいものを早く使いたい気持ちからトレーニングも楽しみになってきます。
特に最近はおしゃれなトレーニングウェアも増えているので、自分の気に入ったトレーニングウェアを選ぶこともモチベーションアップに繋がりますよ。

トレーニングもできるところから


トレーニングを始めたばかりの方にありがちなのが、全部のトレーニングを完璧にこなさなければならないと思い詰めてしまうことです。
もちろん完璧なトレーニングが出来るに越したことはありませんが、気分が乗らない日は完璧にやるのではなく、できることだけでもやるという意識がとても大切です。

パーソナルトレーニングならトレーナーに事前に「今日はちょっと疲れが溜まり気味で…」と伝えれば、その日のメニューを緩めのものに差し替えてくれるなどの工夫をしてくれます。
プロだって毎日完璧なトレーニングを行なえる訳ではありませんから、その気持ちも分かってもらえます。

関連記事

  1. プロテインを初めて取り入れる時のポイント
  2. トレーニングで美しいお尻を手に入れよう!
  3. 【初心者向け】パーソナルトレーニングを受ける前に準備しておきたい…
  4. ダイエット中の外食で抑えておきたいポイント
  5. 自宅でトレーニングするときに気をつけたいこと
  6. パーソナルトレーニングジムの体験で見ておきたいポイント
  7. ジム通いを趣味にしよう!ジム通いのメリットとは?
  8. フィットネスシューズの選び方

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

問題視されているパーソナルトレーナーの質

パーソナルトレーニングの市場規模は急速に拡大しています。そして、その広がりと比例してパーソナルトレー…

パーソナルトレーニングと一般的なジムの違い

近年では健康ブームにより、幅広い世代の方が健康志向になりつつあります。そこで一般的なスポーツジムに…

八王子市でおすすめのパーソナルトレーニングジム比較3選【2019年版】

八王子市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「八王子市で安いパーソナル…

コラム最新記事

PAGE TOP