パーソナルトレーニング お役立ちコラム

ダイエット中は飲み物にも注意!

ダイエット中の食べ物には気を使う人は多いですが、食べ物と同じように飲み物にも気をつけないといけません。
飲み物は食べ物よりも口にしやすいのでついつい飲みすぎてしまうということもありますが、飲み物のカロリーというのは以外にも高いので、注意する必要があります。

ダイエット中におすすめの飲み物

水・白湯

水はカロリーがないのも魅力ですが、基礎代謝を上げて消費カロリー量を増やしてくれる役割もあるため、ダイエット中にはかなりおすすめの飲み物です。
白湯は満腹感を得やすいことに加え、血液の循環を良くしてくれる効果があります。もちろんカロリーもありません。
ただ、唯一の欠点として味がないので飽きがきやすいというのが挙げられます。

緑茶

水だけだと絶対に飽きて無理!という方は緑茶も水に負けず劣らずおすすめです。
緑茶も水と同じくカロリーがありませんし、体脂肪の燃焼効果にも効果が期待できます。
ただ利尿作用があるため、夏場の水分補給としてはあまり適さないのが難点です。

ブラックコーヒー

水、緑茶と並んでカロリーがなくおすすめの飲み物がコーヒーです。
苦いのが苦手な方はつい砂糖やミルクを入れてしまうかもしれませんが、そうするとカロリーが増えてしまうので、ブラックで飲むことが前提です。

手作りグリーンスムージー

グリーンスムージーは野菜の栄養をそのまま取ることもでき、満腹感も得やすい飲み物です。
人によっては飲みやすくするために砂糖をいれるという作り方もするかもしれませんが、カロリーが増えてしまうため砂糖は加えないようにしてください。

ダイエット中には控えたい飲み物

ジュース類

市販されているジュース類には砂糖を始めとした糖分がふんだんに含まれていることが多いです。
糖分を全くとっては駄目というわけではありませんが、できるだけ控えたいものなので飲むときは飲みすぎないように注意しましょう。

アルコール類

アルコールはカロリーが高めのものが多く、ダイエットには禁物の飲み物です。
ただお酒が好きな方はダイエット中に全く飲めないのが逆にストレスになってしまうこともあるので、飲むとしたら脂質や糖質の含まない蒸留酒(ウイスキーや焼酎など)を選んで飲むようにしましょう。

市販の野菜ジュース

スムージーがオッケーなら野菜ジュースもありな気がしてしまうかもしれませんが、市販されている野菜ジュースは飲みやすさを考え、砂糖や甘味料などの添加物が多く含まれていることがあります。
野菜を飲んで補給したいのなら手作りのスムージーを選ぶようにしてください。

冷えた飲み物

「冷たい!」と感じる飲み物は口の中をさっぱりしてくれるので、特に暑いときなんかは口にしてしまいがちです。
体を冷やしてしまうと代謝も下がってしまうため、カロリーの消費量も下がってしまいます。
飲み物を飲むときは常温以上、体温と同じかそれ以上のものを選ぶようにしてみてください。

関連記事

  1. 夏に向けてのダイエット。いつから始める?
  2. ファンクショナルトレーニングとは?その効果
  3. 低負担でも効果大!スロートレーニングの方法と効果
  4. パーソナルトレーニングは子どもにもオススメ!
  5. 女性は気になる!トレーニング時のメイク事情
  6. 筋力トレーニングの種類
  7. ジムにあるマシンの名前とその特徴【初心者向け】
  8. プロテインを初めて取り入れる時のポイント

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

鹿児島市でおすすめのパーソナルトレーニング比較【2019年版】

鹿児島市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「鹿児島市で安いパーソナル…

市川市でおすすめのパーソナルトレーニング比較3選【2019年版】

市川市でおすすめのパーソナルトレーニングジムをご紹介いたします!「市川市で安いパーソナルトレ…

埼玉で安くて個性的なパーソナルトレーニングジム3選【2018年版】

埼玉で安くておすすめのパーソナルトレーニングジムを3店舗ご紹介いたします。安いだけでなく独自のサー…

コラム最新記事

PAGE TOP