パーソナルトレーニング お役立ちコラム

「ダイエット休み」はアリ?

トレーニングや食事管理といったダイエットを行なうと、「少し休みたい」と思うこともあるでしょう。
こうした「休みたい」と思った時、一体どうすれば良いのでしょうか。

ダイエット休みはアリ!

パーソナルトレーニング中は、時には厳しいトレーニング、食事管理を強いられることがあります。中には精神的に辛くなってしまう方もいるでしょう。
ダイエット中に精神的に辛い気持ちになりやすい方は、元々とても真面目な方に多いです。
「休んではダメだ」と思い込みしがちですが、あまりにも休みたいのなら休んでしまうのも一つのダイエット成功のコツなのです。

どうしても「休みたい」なら休むのも勇気

ダイエットに苦しむ方は真面目な方ということで、1回でもトレーニングを休んだり、言われた食事管理を破ってしまったりすると「もう痩せられない…」と落ち込んでしまいがちです。
しかし、1回トレーニングをしなかった、食事を以前と同じにしてしまったからといって、体型がすぐに戻ることはありません。

休みたいと思うのに無理をしてしまうと、逆に今後のダイエットが辛くなってしまうので、どうしてもという時は1回ダイエットのことを忘れて休んでしまうのも大切なのです。
休んでしまった分は後で取り戻せばいいので、「休んだら痩せられなくなっちゃう」と思い詰める必要もありませんよ。

休んでもOKな人、ダメな人

ただ、誰でも休んでいいという訳ではありません。
例えばまだダイエットを始めたばかりなら休息は要りませんし、1度休んだら休みクセがついてしまう人も出来る限り休むのは止めた方がいいでしょう。
他にもダイエットにすぐ挫折してしまう人も、1度休むと継続的に続けられる可能性が低いので休まない方がいいです。

休んでも大丈夫な人というのは、真面目にダイエットに取り組んでいる人になります。
ダイエットをずっと続けているけど中々痩せない、ダイエット自体がストレスになってしまっている、気持ちをリフレッシュしたら頑張れる…こういう方は1度休息を挟んでも、その後のダイエットをちゃんと続けられるので大丈夫です。

ダイエット休みすることによるメリット

ダイエットを続けている方がダイエットを1度休むと、心と身体両方にメリットがあります。

身体のメリット

ダイエットを続けているのに中々痩せない、つまり停滞期に陥っている方は、食事制限があっていない可能性が高いです。
特に無理な食事制限をしてしまっていると、身体が飢餓状態に陥り、身体を守る為に栄養を全て取り込んで脂肪が落ちないようにしてしまいます。
もし停滞期で悩んでいるのなら、少しの間食事を元に戻してみましょう。
すると、身体の機能も元に戻り、再度脂肪が落ちていくと思います。
食事を戻して停滞期から脱せられたら、今までの食事制限を見直してみてくださいね。

心のメリット

ダイエット中は好きなものが食べられないというストレスがとても大きいと思います。
我慢しすぎてしまうと、今度はそのストレスから痩せられなくなったり、過食に走ってしまったりということになるので、1週間に1日だけは「好きなものを食べる日」というダイエット休みの日を作ることで回避しましょう。
もちろん翌日からはまた食事制限を徹底してください!

1日だけでも好きなものを好きなだけ食べられれば、それだけで心は満足して、次のトレーニングや食事制限も頑張ろうという気になれます。
無理をすることも少なくなるので、ダイエットも自然と続けられますよ。

筋肉を育てるのにも「ダイエット休み」は効果的

トレーニングをやればやるほど筋肉もつくし、ダイエットにも繋がる、と考えてしまいがちな人がいますが、それは間違いです。
特に筋肉を育てる為には、休息とトレーニングの刺激の差が大きければ大きいほど良いので、休むときはしっかり休んで、トレーニングをする時はしっかりトレーニングすることで筋肉を成長させられます。
適度な休息はトレーニングにもダイエットにも、妨げになるどころか、むしろ良い影響を与えるのです。

休むときのポイントは、とにかく我慢しないこと!
「本当はポテトフライが食べたいけど、我慢してオニオンフライにしよう…」というような中途半端な妥協をしてしまうと、せっかく休みを作っても日頃のストレスが発散できません。
休むと決めたらダイエットのことはとことん忘れて、本当に好きなものを食べてしまうことが大切です。

関連記事

  1. パーソナルトレーニングに通う頻度・期間。目的別にご紹介!
  2. トレーニングで美しいお尻を手に入れよう!
  3. パーソナルトレーニングは子どもにもオススメ!
  4. トレーニング後の過ごし方を考えてトレーニング効果を高めよう!
  5. ダイエット中の夜食におすすめのメニュー
  6. パーソナルトレーナーとの付き合い方をしっかり考えよう!
  7. パーソナルトレーニングジムに通う頻度
  8. トレーニングウェアの選び方

北海道・東北のジム

甲信越・東海・北陸のジム

関東のジム

中国・四国のジム

九州・沖縄のジム

ピックアップ記事

避けた方がいいパーソナルトレーナーの特徴

今回はおすすめのパーソナルトレーナーではなく、できるだけ避けた方がいいパーソナルトレーナーの特徴をご…

長期でパーソナルトレーニングを受けることのメリット

ダイエットブームも合わさり、パーソナルトレーニングジムは「短期集中」で通うものというイメージを持たれ…

筋トレ、ジム通いが初めての人必見!楽しく通うためのジムマナー

過ごしやすくなったこの時期、スポーツジムに入会して"スポーツの秋"を楽しむ方も多くいらっしゃいます。…

コラム最新記事

PAGE TOP